家族に手伝ってもらって行うホームホワイトニングという方法もあります

家族に手伝ってもらって行うホームホワイトニングという方法もあります

その理由ですが、初期の虫歯や歯周病は自分ではわかりづらく、自分では自覚できないからです。

また、歯垢を日々の歯磨きで完璧にきれいにすることは無理なので、歯医者さんにやってもらうべきですが、このことを知っている人は全体の30%くらいしかいないので、歯医者さんも儲かります。

歯医者での初診時は、わざわざレントゲンを撮ることが一般的ですが、これはレントゲンでないと確認できない顎の骨の状態などを確認するためのものです。

歯医者の定期検診なんて面倒に感じるかもしれませんが、虫歯の治療をせずに歯がダメになり、入れ歯になるよりはなってもいいのでしょうか。

歯の健康診断は最低でも半年に1回くらいは受け、かかりつけの歯科を決めることでカルテを保存しておいてもらい、歯の健康管理をしてもらいましょう。

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人が検討する方法の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはプロにやってもらうという方法というのが基本と言えば基本ですが、奥さんにやってもらうホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを患者の口に合わせて製作し、その中にホワイトニングのための薬剤を週に5回ほど、90分くらいはめ続けることで実行します。

ホワイトニングは、2週間もあれば白くなったと感じるのが一般的なペースですが、毎日マウスピースをはめていなかったり、面倒でさぼったりすれば、さらに時間がかかります。

ホワイトニングに期待できる白さの段階はおおむね10段階くらいありますが、明石家さんまみたいにありえないほど白くなることは通常は望まない方が良いです。

なお、ホワイトニングの薬剤自体は健康への悪影響はないですが、過剰反応があるような人の場合は注意が必要ですので、あらかじめ歯科医師に伝えないといけません。

歯周病とは、歯垢に棲みつく細菌が原因で歯に炎症が起き、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病のせいで歯がダメになることも多いです。

口腔内には200種類~500種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、これらが固まると歯石となり、次第に歯肉の炎症につながってしまうのです。
「ラブホの上野さん」を動画で無料で見る方法

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にもたくさんあり、喫煙、食事、骨粗鬆症、ストレスの高い生活、薬の長期服用などがあります。

歯周病は時代の進化とともに進行を食い止めることもある程度は可能になりましたが、どうしても完治は難しいので、大前提として予防するつもりでいることが必要です。

hanamizukifp